無意味な景況感

景気がどうのこうの…

業界がどうのこうの…

評論家のように業界の景況を

評価をする方がおりますが、

それは単なるその方の肌感でしかありません!

信憑性が高いデーターに基づく話であれば別ですが、

大概の場合、〝なんとなくそぅ感じる〟的な

ファジーな感覚を基に話している事が多いです。

ある意味、自社の低迷を景況のせいにしたい

願望の表れかもしれません。

景気がいいか悪いかなんていう批評は

誰にとっても当たり障りのない事なので、

一番話題にしやすい…反面あてにならない。

それはある意味〝噂話〟レベルと一緒だと

私はいつも思っております。

なぜなら…景気云々に関わらず、

経営が順調な会社とそうでない会社は、

景気が良くても悪くても存在するからです。

要は景況というのは大雑把な感覚的な事であって、

それほどあてにもならないものだと思います。

最終的には景気や景況に左右されない

強靭な経営体質を築く事こそが大切なものと!

 

お互いに良くなれば…

お互い良くなれば…

そぅ…WIN-WINの関係とか言われます。

 

本当にそんな関係あるんでしょうか…?

 

私はどちらかの犠牲や負担の上でこそ

WIN-WINは成り立っている関係だと思っています。

 

金銭的負担であれば分かり易いのですが、

ほとんどの場合、時間的、労働的、肉体的と言った、

直接負担を換算しにくいものである為

一見すると負担がないようにも思えます。

でも、それに費やす時間を時給換算で考えれば

どれだけ大きな負担がかかっているか

という事に気づくはずです。

 

お互いがメリットだけを享受できるという事は

不可能であると私は思います。

言い換えるなら、お互いの負担や犠牲の上でしか

利益の恩恵は得られないという事です。

その点を双方が理解をした上での関係であれば

納得し上手くもいくのでしょうが、

その事を理解もせず利益を享受できると考えるなら、

それは単なる空想論でしかないし、

その関係も持続する事は困難なものと。

 

まずは、自分の利益の前に、

相手に与える負担を考えるべきだと…

それがほんとうのWIN-WINの関係だと

私は思います。

この仕事は次の仕事の為。

今目の前にある仕事…

それは次の仕事、

次の受注に繋がる為の仕事!

だと私はいつも思っております。

だからこそ

今、目の前にある仕事をきっちりと仕上げる。

その実績と経験値が、信用信頼に繋がるのではないでしょうか。

〝それなら俺だってできる!〟

と自分で思っていても依頼されない…

なぜ?

それは簡単な答えです!

ただ単に信用と実績が無いからに過ぎません。

できるか否かという事も大事ですが、

もっと大事な事は、

その人に任せて大丈夫かという事ではないでしょうか…。

私がよく社員に伝える言葉に

〝仕事がないんじゃない…うちの会社に依頼しないだけ。〟

〝仕事が無いんじゃない…貴方に依頼しないだけ。〟

という言葉があります。

最近はそれに一つ加わって、

〝仕事が無いんじゃない…自分が見て見ないふりをしているだけ。〟

偉そうに言えるほど私もできておりませんが、

自分への戒めと思いたまに言葉に出しております!

信用を無くすのは一瞬…

あ、忘れてました・・・

今やろうと思っていました・・・

〇〇だと思う・・・

 

一人の責任感の無さやいい加減さや勝手な判断で、

どれだけ多くの人と業務に支障をきたす事を

どれだけ意識して仕事をしていますか・・・

 

安易な自己判断は時として大きなトラブルとなります。

自己責任として処理・対処・解決できるのであれば、

それはそれで大きな問題には発展しないかもしれません・・・。

でも、大概のトラブル・クレームは、

当人だけではなく周りの多くの人に迷惑をかけます。

それは費用的な事は当然のことながら、

時間と労力といった費用換算できにくい部分で多大な迷惑となります。

 

そういう意識と責任をもって仕事に取り組むと、

安易なミスや曖昧な自己判断を大幅に減らせるものと・・・

ま、何度言っても同じ事を繰り返す人間は、

当人の自覚が欠如しているので無意味なので、

早めに退職して頂く事がトラブル回避の最善策かもしれませんが・・・。

何を考えて仕事をするか…

日々の仕事をする上で

何を考えながら仕事をするか…

 

どうやったらより良くなるだろう…

どうすれば生産性が向上するだろう…

トラブルを無くすにはどうすれば…

当然、どれもこれも考えて仕事をされているものと思います。

一番大事な事は、

最終的に求められている事・・・結果をいかに出すか!って事なんです。

思考や方法や手段は人それぞれ違います。

でも、最終的に行きつくゴールは同じ…ただ、成果が違っているって事だけです。

あまりに目先の事(思考や方法や手段)にとらわれ過ぎると、

大局的な成果って事の意識が薄れます。

一番考えなければならない事は、

成果をいかに出すかって事を常に念頭において仕事をすべきと私は思っています。

同じ限られた時間だからこそ・・・

時間がない!

忙しくてやってられない!

誰でも等しく与えられている一日24時間。

それをいかに有意義に活用するか・・・

いかにスケジュールを管理して無駄をなくすか・・・

それは人それぞれで等しくはありません。

 

そぅ・・・時間がないのではなくて、

ただ単に時間の活用が下手なだけだと私は思います。

忙しいのではなくって、

ただ単に段取りが悪いだけだと私は思います。

 

〝寝る間も惜しんで・・・〟

寝る事も遊ぶ事も人生を楽しむうえでは大切な事です。

でも、

しなきゃいけない事、やらなきゃならない事を

しっかりとこなした上でないとそれはただの自己満足に過ぎません。

 

平等で限られた時間だからこそ、

〝いかに時間を使うか〟

ということにもっと意識を向けた方がいいものと・・・

〝忙しい!時間がない!〟を口にする人を見る度に

そんな事を感じます。

一つの課題から・・・

仕事の課題って単体で発生するというよりは、

連鎖連動的に発生している方が多いと感じております。

単体で課題を対処・解決したとしても、

直ぐによく似た事案のトラブルが発生してしまう・・・

それって根本的な部分の改善がなされていないからだと思います。

 

人的原因なのか・・・

仕組み・システム的な問題なのか・・・

それとも会社としての組織的問題なのか・・・

一つの課題や問題を点でとらえず線や面でとらえると、

そもそもの原因が別のところにある事に気づくことも多々。

 

目先の課題や問題に振り回されることなく、

大きな課題や問題の改善に務める努力と意識を常に持ちたいものです。

特に人的な問題や課題は、

人間の感情や能力や思考が大きな要因となるだけに、

早急な対処が絶対となるものと・・・

自分を追い込む…

健康維持から始めたジョギング。

2年前から誘われて参加したトレイルラン!

山を登ったり下ったり…

緑の中を何も考えずただひたすら走る!

そんなストイックな時間が私の楽しみ。

ほぼ無の状態で走る事だけに没頭!

正直、〝やめたい!〟って思う事もありますが、

でも、完走した時の充実感と満足感は、

参加した人間にしか分からないんですよね…。

脚がつりそうになったり、

次の一歩が出なくなったりと、

色々とトラブルに見舞われますが、

そう言う状況に自分を追い込む事で、

精神的にも肉体的にもタフでいられるものと!

ま、人間がドMっていう噂もありますが…。

心の余裕

日々仕事をする中で〝心の余裕〟ほど大切なものはありません。

柔軟な発想、仕事に対する準備、そして何より仕事をする時の笑顔…

反対に余裕がない場合、

上に書いた3つの事が全て失われます!

目の前の事をこなすだけとなり、

慌ただしさの中でミスを繰り返し、

ストレスで顔が強張る。

 

皆さんは心に余裕を持って仕事をしていますか…

 

今の私は心の余裕をなくしていると実感する日々

このストレスと対峙し続ける間は、

心からの笑顔をなくしているのかも…と、

自問自答する日々です。

 

責任感の有無

使えん奴やなぁ…

間に合わん奴やわ…

言ったことができない人間に対し、

ついつい心の中で思ったり、

発してしまう言葉!

 

よくよく考えてみると…

使えないのでも間に合わないのでもなく、

要はその人に責任感がないだけなんだと…

 

そんな人間に何度言っても無理やわなぁ…

そんな人間に任せた方が悪いんやわなぁ…

そんな風に思うと自分の中でなんか合点できちゃうんですよね。

ま、そんな合点の仕方はダメな事は百も承知で!

 

ただ、責任感っていうのは性格と同じで、

教えてどうのこうのという問題じゃなくて、

本人の自覚の問題ですので、

なかなか治んないんですよね…本人がよほど努力しないと。

 

ま、遅かれ早かれお辞め頂くのが

会社にとっても本人にとっても良いものと思います。

互いに存在自体がストレスになって、

大きいトラブルにつながる前に…