お互いに良くなれば…

お互い良くなれば…

そぅ…WIN-WINの関係とか言われます。

 

本当にそんな関係あるんでしょうか…?

 

私はどちらかの犠牲や負担の上でこそ

WIN-WINは成り立っている関係だと思っています。

 

金銭的負担であれば分かり易いのですが、

ほとんどの場合、時間的、労働的、肉体的と言った、

直接負担を換算しにくいものである為

一見すると負担がないようにも思えます。

でも、それに費やす時間を時給換算で考えれば

どれだけ大きな負担がかかっているか

という事に気づくはずです。

 

お互いがメリットだけを享受できるという事は

不可能であると私は思います。

言い換えるなら、お互いの負担や犠牲の上でしか

利益の恩恵は得られないという事です。

その点を双方が理解をした上での関係であれば

納得し上手くもいくのでしょうが、

その事を理解もせず利益を享受できると考えるなら、

それは単なる空想論でしかないし、

その関係も持続する事は困難なものと。

 

まずは、自分の利益の前に、

相手に与える負担を考えるべきだと…

それがほんとうのWIN-WINの関係だと

私は思います。

投稿者:

市橋 啓一

株式会社 遊器屋は株式会社末広漆器の製品デザイン・商品企画・製品販売会社とし2016年9月に設立した会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)