ホームページを通じてのお問い合わせ事例

〝浴槽の木製棚を加工して頂けませんか…〟

従来お取引のない会社からのお問い合わせが増えてきております。

弊社のGFC加工のページを検索して頂き、

お問い合わせ頂いたとのこと。

 

現在、弊社のGFC加工は、木製品、竹製品、陶器などに、

撥水効果と防菌防カビ効果を付加させて頂いております。

弊社ホームページから…https://yukiya-suehiro.com/gfc-case_index.html

 

加工の開発から10年以上が経過し、

今では断続的にご依頼を頂けるまでに!

 

ただ、新しいご依頼を頂くという事は、

大きなリスクも伴います!

その中でも一番問われるのは…

〝何年もちますか…〟というご質問。

当然、新しい物に加工をするという事は、

ノウハウとデーターが無いという事なので、

正直お答えする事が出来ません。

使用頻度や使用環境や状態によって効果や耐久性は異なります。

その点は重々ご理解をお願いしているところです。

 

でも、リスクにチャレンジするという事は、

新しい可能性へのチャレンジでもあります。

そんなご依頼を頂ける事が今は楽しいと思えるようになってきました!

 

困り事は新しいニーズ!

そんな気持ちで取り組みたいと思います。

印刷の時の注意点

印刷の色のご指定を頂く場合の注意点ですが、

ベース色の違いによって、印刷塗料の発色が異なります。

その為に同じ塗料で印刷しても

仕上がった印刷のイメージが大きく違う場合がございます。

例えば・・・

白塗りの上に印刷した場合と黒塗りの上に印刷をした場合、

下記のように同じ印刷を施しても相違が生じる事をご確認下さい。

■ 比較画像

■ 白ベースによる印刷の発色状態

■ 黒ベースによる印刷の発色状態

色のご指定を頂く場合、

パントーンやディックのカラー帳を基に頂くのですが、

ここでもう一つご注意いただきたいのは、

カラーサンプルチップの色と塗料で調色したものとでは、

紙媒体で見た色の感覚と塗料で実際に見た色とでは若干のズレ・違いが生じます。

そのブレ幅は許容範疇としてご理解下さい。

新規サイトを開設します。(修理事例のご紹介)

遊器屋のホームページでは現在

〝漆器の修理事例のご紹介ページ〟〟を準備中です。

現在お使いの漆器の器につきまして、

〝剥げて汚れてきたなぁ・・・〟

〝色が変色してくすんできたなぁ・・・〟

〝艶が無くなって器の綺麗さがなくなってきたなぁ・・・〟

とお感じの方は一度ご相談ください。

 

■ 修理事例について・・・

簡易な修理を施す事で器が綺麗に蘇る場合も多く、

飲食のお客様への満足度向上も間違いないものと思います。

また、修理品の中には新規ご購入金額と修理費用を比較した場合、

あまり変わらない場合がございます。

その場合は事前にお伝えさせて頂き、新規ご購入をお勧めさせていただきます。

 

今週中に公開できるよう準備をしておりますので宜しくお願い致します。

 

 

漆器の製造を担っております〝株式会社 末広漆器製作所〟製造技術のご紹介

弊社の販売する漆器の製造を担っております〝株式会社 末広漆器製作所〟

その株式会社 末広漆器製作所の製造技術・商品製作秘話につきましては、

下記アドレスより確認頂けます。

株式会社 末広漆器製作所 HP・・・http://yukiya-suehiro.com/suehiro/

株式会社 末広漆器製作所 ブログ・・・http://suehiro-shikki.com/weblog/

 

新商品をせっかく作るのですから改善を・・・ご提案

福井県鯖江市で漆器製造メーカーを営んでおります
越前漆器製造会社 株式会社末広漆器製作所

越前塗り樹脂製風呂桶・風呂椅子製造メーカー
株式会社 遊器屋

代表の市橋啓一です。

—————————————————————————————–

〝新商品をせっかく作るのですから改善を〟

チェーン店のお客様よりお店で使われます吸物椀の新規企画のご相談を頂きました。

既存商品をいろいろと集め、大きさや形状などを検討した結果、

次のような商品イメージを基に新商品を製作することに・・・

越前漆器の吸物椀

その際に私の方からいくつかの改善をご提案!

〝せっかく新しく作るのですか・・・〟という事で。

先ずは3Dプリンターにて製作した石膏サンプルにてご提案

ご提案改善箇所につきましては・・・

■ツマミの部分の直径を2/mm程度大きくして、

高さを1/mm高くしてつまみ易いように改善。

越前漆器の吸物椀 つまみ越前漆器の吸物椀 つまみ2

■本体(親)の高台部分の直径を2/mm程度大きくして安定感を向上。

越前漆器の吸物椀 高台部分1 越前漆器の吸物椀 高台部分2

そして最大の改善箇所は本体(親)どうしが積み重ねた際に

きっちりと安定して積み重なりあうように筋の一部を少しだけ大きく致しました。

越前漆器の吸物椀 本体部分

チョットした改善なのですが積み重ねが安定する事で、

収納性や作業性がかなり向上致します。

新しく金型を製作する場合は、こんな些細な点もご注意いただければと思います。

■改善前と改善後の安定感の比較動画です。

ご参考にしてみて下さい。

蒔絵の作業風景から…重箱への絵付け

福井県鯖江市で漆器製造メーカーを営んでおります
越前漆器製造会社 株式会社末広漆器製作所

越前塗り樹脂製風呂桶・風呂椅子製造メーカー
株式会社 遊器屋

代表の市橋啓一です。

—————————————————————————————–

先日、蒔絵職人さんの工房にて

年末に販売する為の〝重箱のチラシ〟制作の為に

蒔絵の作業風景を写真撮影させて頂きました。

 

静かな工房の中で筆だけが静かに動く…

凛とした張り詰めた空気の中で

黒い漆の上に少しづつ描かれていく松竹梅の蒔絵

大まかな輪郭がとられてはおりますが、

ほとんどの部分が蒔絵師さんの感性で描かれいきます。

重箱への絵付けという事で三段で一つの絵になる為、

二つ若しくは三つを重ねながら描いております。

え・・・まだ7月ですよね。重箱はもぅ既に生産開始です!

福井県鯖江市で漆器製造メーカーを営んでおります
越前漆器製造会社 株式会社末広漆器製作所

越前塗り樹脂製風呂桶・風呂椅子製造メーカー
株式会社 遊器屋

代表の市橋啓一です。

————————————————————————————————–

今日から7月・・・今年もすでに半年が過ぎゃいました。

ホント〝あっ!〟という間の半年でした。

これから夏本番!! どんどん暑くなっていく季節なのに、

私の会社ではすでに年末の〝おせち重箱〟づくりに取り掛かり、

ちょっぴりお正月モード。(笑)

キャラクターのお重が多い為に画像はアップできませんが、

ガラ~ンとした商品ストックスペースも徐々に商品が積み上がっていきます。

まだ、半年もあるから・・・と思われるかも知れませんが、

商品のデザイン・監修・撮影は既に半年前ぐらいから準備にかかり、

〝やり直し〟の時間を考慮すると・・・それでも遅いぐらいです。

また、お料理を詰める作業工程時間を考えると、

私の会社の最初の納品時期は9月末頃となります。

決定!!となっても直ぐに製品が仕上がる訳ではありませんので、

地道に一個づつ手作業で9月の最初の納期を目指し製造していきます。

ご購入していただいた方々が良い一年のスタートを切れるように・・・

そんな思いや願いも込めながら頑張って製作しております。

修理事例・・・木製 寿司台

 

福井県鯖江市で漆器製造メーカーを営んでおります
越前漆器製造会社 株式会社末広漆器製作所

越前塗り樹脂製風呂桶・風呂椅子製造メーカー
株式会社 遊器屋

代表の市橋啓一です。

※その他の修理事例のご紹介は下記のアドレスから・・・

https://yukiya-suehiro.com/blog/archives/category/repair-example

—————————————————————————————–

〝食器の修理事例・・・木製 寿司台〟

東京の飲食店さんでご使用いただいております木製の寿司台

全体的に塗膜が剥がれ、黒ずみが生じ、表面にあたり傷の凹凸が

生じているって事で修理のご依頼を頂き

弊社にて塗り直し修理をさせて頂きました。

〝黒ずみが生じ、表面にあたり傷の凹凸状態〟

■ 修理前の画像

修理前の裏面の状態

部分的に黒ずみが生じ色も変色してきています。

■修理方法

表面と側面の厚み部分をカンナにて汚れを除去した上で、

下塗りから上塗りを施しました。

裏面は見えない部分という事で修理はせずそのままの状態にて。

■注意点

表面はカンナにて黒ずみや凹凸はある程度解消され綺麗にはなりますが、

黒ずみが木の内部に深く入り込んでいる場合は、

完全に黒ずみを除去する事はできません。

修理後の表面
部分的に残る黒済みの痕

かなりカンナにて深く削ったのですが、

それでも完全に綺麗な状態にはならずよく見ると痕が残ってしまっています。

■修理前と修理後の比較画像

比較してみると従来の白木色も蘇り表面の凹凸も解消されました。

修理前の裏面の状態
修理後の表面

修理内容ご提案につきましてお客様にご説明させていただき

ご理解しご納得の上で修理させていただきました。

■ 修理の費用

修理価格(表面と側面の厚み部分のみ修理)・・・750円

■ 諸費用について

・送料は別途ご請求となります。

・(修理品の個数が50個以上(一回の修理個数)ある場合は集荷・配達にお伺いさせて頂きます。)              対象エリア・・・東京(東京23区)・大阪(大阪市内・堺市内・松原・東大阪)・京都(京都市内)・滋賀(彦根・大津)・岐阜(岐阜市内・多治見・土岐・瑞浪)・愛知(名古屋市内・小牧・春日井・瀬戸・尾張旭)・長野(松本・塩尻・伊那)・兵庫(神戸市内・西宮・尼崎)・石川(金沢・小松・加賀)・富山(富山市内・高岡)・福井(嶺北・敦賀・小浜)

対象以外の方においてもメールにてお問い合わせ下さい。お伺いできる場合がございます。

・修理費用にて消費税は含まれておりません。

・修理期間中に代替品をの貸し出しは致しておりません。

★ご注意

修理につきましては一つ一つ傷み具合が違います為に、

修理の仕上がり具合も修理前の傷み具合によって変わります事を

ご了承下さい。

—————————————————————————————–

株式会社 末広漆器製作所
株式会社 遊器屋
代表取締役 市橋啓一

【本社・ショールーム】
〒916-1222
福井県鯖江市河和田町28-4-1
TEL 0778-65-0295
FAX 0778-65-2865
【漆器製造工場】
福井県鯖江市西袋町41-3-4
【GFC加工工場】
福井県鯖江市西袋町541

漆器・塗り物についての
ご意見・ご質問がございましたら
何なりとお問い合わせ下さい!
http://www.suehiro-shikki.com/contact.html

修理事例・・・吸物椀 (修理の際の注意事例)

福井県鯖江市で漆器製造メーカーを営んでおります
越前漆器製造会社 株式会社末広漆器製作所

越前塗り樹脂製風呂桶・風呂椅子製造メーカー
株式会社 遊器屋

代表の市橋啓一です。

※その他の修理事例のご紹介は下記のアドレスから・・・

https://yukiya-suehiro.com/blog/archives/category/repair-example

—————————————————————————————–

〝食器の修理事例・・・樹脂製の吸物椀〟

東京の飲食店さんでご使用いただいております樹脂製の吸物椀

全体的に塗りが傷んできているって事で修理のご依頼を頂き

弊社にて塗り直し修理をさせて頂きました。

〝外側は部分的に黒く剥げている・・・内側も塗膜が浮いている状態〟

全体の汚れを落とし、その後研磨をした上で外側をクリヤー(透明の塗料)塗り

内側を黒塗りにて加工致しました

■ 修理前の画像

修理前の外側・・・(艶もなく部分的に黒く剥げている)
修理前の内側

外側は銀色部分が剥げて一部下塗りの黒色が出ています。

内側は黒色の塗料が浮いて凹凸状になっております。

■注意点

外側は透明の塗料(クリヤー)にて塗装する為に、

修理前に黒くなっている部分はそのまま黒く出てしまいます。

クリヤー塗装後の外側

内側も塗膜の浮きがひどく一度研いで塗装しても、

下記画像の通り表面が凸凹になり綺麗に仕上がりません。

一度塗りした状態の内側

そこで内側をもう一度研ぎ二回目の塗装を施す事に・・・

二度研ぎ・二度塗りの仕上がり

それでも完全に綺麗な状態にはならずよく見ると痕が残ってしまっています。

これ以上修理の手間をかけても綺麗にはならない事から、弊社の方で新規でサンプルを製作させて頂きご提案させていただきました。

■弊社のご提案サンプル(新規製作)

新規ご提案サンプル
比較画像

弊社でご提案させて頂きましたサンプルは修理品と比較した場合

多少黒っぽくなりました。

修理内容及び新規でのご提案につきましてお客様にご説明させていただき

ご理解して納得の上、修理ではなく新規にてご購入していただきました。

■ 修理の費用

修理価格(内側2回塗り)・・・260円

新規ご提案サンプル(新しい素地使用)・・・550円

■ 諸費用について

・送料は別途ご請求となります。

・(修理品の個数が50個以上(一回の修理個数)ある場合は集荷・配達にお伺いさせて頂きます。)              対象エリア・・・東京(東京23区)・大阪(大阪市内・堺市内・松原・東大阪)・京都(京都市内)・滋賀(彦根・大津)・岐阜(岐阜市内・多治見・土岐・瑞浪)・愛知(名古屋市内・小牧・春日井・瀬戸・尾張旭)・長野(松本・塩尻・伊那)・兵庫(神戸市内・西宮・尼崎)・石川(金沢・小松・加賀)・富山(富山市内・高岡)・福井(嶺北・敦賀・小浜)

対象以外の方においてもメールにてお問い合わせ下さい。お伺いできる場合がございます。

・修理費用にて消費税は含まれておりません。

・修理期間中に代替品をの貸し出しは致しておりません。

★ご注意

修理につきましては一つ一つ傷み具合が違います為に、

修理の仕上がり具合も修理前の傷み具合によって変わります事を

ご了承下さい。

—————————————————————————————–

株式会社 末広漆器製作所
株式会社 遊器屋
代表取締役 市橋啓一

【本社・ショールーム】
〒916-1222
福井県鯖江市河和田町28-4-1
TEL 0778-65-0295
FAX 0778-65-2865
【漆器製造工場】
福井県鯖江市西袋町41-3-4
【GFC加工工場】
福井県鯖江市西袋町541

漆器・塗り物についての
ご意見・ご質問がございましたら
何なりとお問い合わせ下さい!
http://www.suehiro-shikki.com/contact.html

食器の修理事例・・・屠蘇器

福井県鯖江市で漆器製造メーカーを営んでおります
越前漆器製造会社 株式会社末広漆器製作所

越前塗り樹脂製風呂桶・風呂椅子製造メーカー
株式会社 遊器屋

代表の市橋啓一です。


 

お客様より『屠蘇器』の修理のご相談を頂きました。

屠蘇器 台
屠蘇器 盃台
屠蘇器 酒器

一見きれいに見えるのですが、

よく見ると、表面は細かい傷がたくさん有り、

黒塗りの塗料がくすんでいる状態となっております。

表面の摺り傷
表面のくすみ・汚れ

金の部分も所々が剥げている状態で傷んでおります。

天縁金の剥離
天の部分(金)の剥げ

幸いにも、

黒塗り部分や柄の部分の剥げや傷みはそれほどでもなかったので、

綺麗に仕上がる旨のご案内をさせていただき修理にかかりました。

 

■ 修理の内容

表面の洗浄及び研磨・クリヤー塗料(艶消し)にての塗装

及び金の部分の修理

■ 修理後の画像

屠蘇器(酒器)・・・(修理後画像)
屠蘇器(酒器)・・・(修理後画像)
屠蘇器(酒器)・・・(修理後画像)
屠蘇器(酒器)・・・(修理後画像)
屠蘇器(盃台)・・・(修理後画像)
屠蘇器(盃台)・・・(修理後画像)

■ 修理の費用

台の修理価格・・・2,000円

盃台の修理価格・・・1,500円

酒器の修理価格・・・1,500円

■ 諸費用について

・送料は別途ご請求となります。

・(修理品の個数が50個以上(一回の修理個数)ある場合は

集荷・配達にお伺いさせて頂きます。)

■ 集荷・配達対象エリア

・東京(東京23区)

・大阪(大阪市内・堺市内・松原・東大阪)

・京都(京都市内)

・滋賀(彦根・大津)

・岐阜(岐阜市内・多治見・土岐・瑞浪)

・愛知(名古屋市内・小牧・春日井)

・長野(松本・塩尻・伊那)

・兵庫(神戸市内・西宮・尼崎)

・石川(金沢・小松・加賀)

・富山(富山市内・高岡)

・福井(嶺北・敦賀・小浜)

上記対象以外の方においてもメールにてお問い合わせ下さい。

お伺いできる場合がございます。

・修理費用にて消費税は含まれておりません

・修理期間中に代替品の貸し出しは致しておりません

★ご注意

修理につきましては一つ一つ傷み具合が違います為に、

修理の仕上がり具合も修理前の傷み具合によって変わります事を

ご了承下さい。

————————————–
株式会社 末広漆器製作所
株式会社 遊器屋
代表取締役 市橋啓一

【本社・ショールーム】
〒916-1222
福井県鯖江市河和田町28-4-1
TEL 0778-65-0295
FAX 0778-65-2865
【漆器製造工場】
福井県鯖江市西袋町41-3-4
【GFC加工工場】
福井県鯖江市西袋町541